結婚の準備マニュアル

Home » 結婚式の準備 » 日取りについて

日取りについてみていきましょう。

結婚をすることになり、両親にもあいさつをしたら、今度は結婚式の準備に取り掛かりましょう。もちろん、結婚式は挙げなくても、入籍をすることはできます。しかし結婚をする女性によって、式をあげて、ウェディングドレスを着るのが夢という人も多いでしょう。また両親の方から「どうしても結婚式はあげてほしい」といってくる場合もあります。その場合にも、両親の意向を尊重することが重要です。結婚式の準備をするときには、まず日取りをどうするかということが問題になってきます。結婚式の準備ですが、いろいろなことが出てきます。すると、準備期間を短く設定をすると、当日までにすべてのことを間に合わせることが難しくなってしまうかもしれません。ですから、時間的には、余裕を持って準備をすることをお勧めします。一般的には、結婚式の準備期間は6カ月はほしいといわれています。実際、結婚式場の予約受付の状況を見てみると、半年くらい前から、予約が頻繁にはいるようになるといいます。しかしもし6月の結婚、いわゆるジューンブライドを希望する場合には、予約がけっこう多くはいりますから、決まった日に式をあげたいのであれば、半年よりも前に準備をしておいた方がいいでしょう。また結婚式場の中には、有名で人気のある式場もいくつかあります。このような式場も比較的早い段階から、予約が埋まる傾向がありますので、早めに予約をしておいた方がいいでしょう。ちなみに結婚式場の予約についてですが、1年半くらい前から予約の受け付けを行っているというところが一般的なようです。ですから、早く式場を決めたのなら、どんどん積極的に予約を入れていった方が確実です。