結婚の準備マニュアル

Home » 結婚式の準備 » 席次表

席次表についてみていきましょう。

結婚式の準備の中で、席次表をどうするかということも問題になってくるかもしれません。席次表を決めるときに、最低限のマナーは、覚えておくといいでしょう。通常座席に座るところは、あらかた決まっています。高砂席に向かって、新郎側の出席者は左に座ることになります。新婦側は、右側に座ることになります。また高砂に近いところには、主賓や会社の上司といった人たちが座ることになります。そして会社の先輩、同僚、部下がいる場合には部下、友人、親族という順番で、高砂から遠くなっていくのが一般的です。中には、新郎と新婦の出席者の間で、人数が多少差がついてしまうこともあるかもしれません。その場合には、中央の列を使って、うまく人数調整をするようにしましょう。しかしできれば、新郎と新婦で話し合って、人数が近くなるように工夫をすることをお勧めします。席次表ですが、通常は、漢字で書くのが一般的とされています。しかし中には、どうしてもローマ字でおしゃれに作成をしたいという人もいるかもしれません。その場合には、友人や同僚に対してはローマ字を、目上の人や親族には、漢字の席次表を作成するといいでしょう。漢字の近くに、ローマ字表記のものも入れるのも、いいかもしれません。